ウイルス対策 カスペルスキー

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ:5~25人の小規模企業が対象

セキュリティソフトの「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」は、従業員数5~25人の小規模が対象。WindowsやMac、Androidに対応。基本的なマルウェア対策のほかにランサムウェア対策の機能も搭載する。

カスペルスキースモールオフィスセキュリティのポイント

  • クラウド上の統合管理コンソールから一元管理、ネット決済保護にも対応
  • ランサムウェアの暗号化を検知、自動でデータをバックアップ
  • Android端末は遠隔で端末をロック、データを消去

カスペルスキースモールオフィスセキュリティの製品解説

 カスペルスキーの「カスペルスキースモールオフィスセキュリティ」は、少人数の小規模オフィス向けセキュリティソフトだ。従業員数が5~25人規模の企業を対象に設計されている。

編集部おすすめの関連記事

 複雑な設定は不要で、WindowsやMacなどのPC、Androidベースのスマートフォンやタブレット、Windows Server 2008以降のファイルサーバをクラウド上の統合管理コンソールから一元管理する。クラウドに収集された最新の脅威情報を活用して端末をリアルタイムで保護するため、最新のマルウェアに対抗できるとしている。スパムメールを検知してブロックするスパムメール対策、データを盗もうとする偽装サイトの特定するフィッシング対策の機能も備える。

 ランサムウェアによる暗号化を検知してブロックする機能を備えており、万が一、暗号化されてしまっても、自動でデータをバックアップし、暗号化前の状態に戻すことができるという。また、金銭詐欺に対してクレジットカード番号や銀行口座情報が盗まれないよう保護するネット決済保護機能も備える。

 Android端末については、端末に保存されている秘密情報を保護する機能を搭載する。端末の紛失時は、遠隔操作での端末ロックやデータ消去、場所の特定と追跡が可能で、外部からの攻撃に対抗して情報漏えいを防止する。

カスペルスキースモールオフィスセキュリティのまとめ
用途と機能従業員数5~25人規模の企業を対象とした小規模オフィス向けセキュリティソフト
特徴WindowsやMacなどのPC、Androidベースのスマートフォンやタブレットなどに対応。クラウド上の管理コンソールから一元管理が可能。マルウェア対策、スパムメール対策、フィッシング対策、データバックアップ、ネット決済保護といった機能を備える
税別価格ライセンス期間が1年、PC5台、モバイル5台の場合で1万5984円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan