ドローン

DJIのミニドローン「Spark」--企業でもさまざまな用途に利用可能な新モデル

DJIはミニドローン「Spark」を発表した。同製品がどのような特徴を持ち、どのようなユーザーに向いているかなどをここでは確認する。

  DJIは一般向けドローンの新製品を毎月発表しているように思える。確かに、それは少し言い過ぎだが、DJIは非常に速いペースで一般向けドローンの新製品を発表している。その最新の製品が6月に出荷予定の「DJI Spark」ミニドローンだ。このドローンは「普通のドローンではない」と表現するのは陳腐な決まり文句だが、DJI Sparkに関しては、一定の妥当性がある。

テクノロジスペック

 2017年第2四半期、DJIが従来のものよりはるかに小さいドローンを発表するとのうわさが流れた。それは、多くの人にYuneecの「Breeze」ドローンを想像させた。Breezeは、主に短時間の飛行や自撮り用に設計された製品だ。そうしたうわさは、ほぼ正しかった。Sparkミニドローンの機体の長さと幅はサムスンの「Galaxy S8」とほぼ同じで、手のひらに収まるサイズだからだ。プロペラアームが折りたたみ式でないものの、Sparkは上着の内ポケットに収まる小ささである。これには大きな感銘を受けた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1962文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]