マーケティングオートメーション

mabot:見込客の接点を管理、優先順位で効率化図るMAツール--営業との連携も

企業間取引向けMAツールの「mabot」は、展示会やセミナー、ウェブやメールといった顧客接点を統合的に管理する。確度の高い見込客だけを効率的につないだり、見込客のスコアにあわせて施策を使い分けたりできる。

mabotのポイント

  • オンラインやオフラインの顧客接点を統合管理
  • 見込客の行動や属性、さまざまな条件をもとに優先順位付け
  • 企業情報の自動取得機能を備え、業種や規模などの情報を追加可能

mabotの製品解説

 ワンマーケティングの「mabot」は、見込客の接点管理や優先順位付け、企業情報の自動取得、営業との連携強化などを支援するマーケティングオートメーション(MA)ツールだ。企業向けマーケティングが抱えるさまざまな課題を解決する。

編集部おすすめの関連記事

 展示会、セミナー、ウェブ、メールマガジンといった顧客接点を統合管理できる。見込客を1人ごとに管理できるため、どの施策に接点があり、どのような行動を取ったのかを把握し、その状況に応じて次の施策を打てる。営業による商談や案件情報も統合可能となっている。

 見込客の行動や属性、さまざまな条件をもとに優先順位付け(スコアリング)することができる。営業部の対応状況にあわせて、確度の高い見込客だけを効率的につないだり、見込客のスコアにあわせて施策を使い分けたりできる。

 企業情報の自動取得機能を備え、17万社の企業について業種や規模などの情報を追加できる。また、マーケティング側で受注確度の高い見込客を絞り込む機能、選別した見込客を営業に引き継ぐ仕組みも備える。見込客を営業側で放置されないために、どのくらい商談化が進んでいるのかを可視化することもできる。

mabotのまとめ
用途と機能見込客の接点管理や優先順位付け、企業情報の自動取得、営業との連携強化などを支援するMAツール
特徴展示会、セミナー、ウェブ、メールマガジンといった顧客接点を統合管理。優先順位付けや企業情報の自動取得といった機能を搭載し、営業との連携を強化する仕組みも備える

「マーケティングオートメーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]