OCR 帳票管理 パナソニック

帳票OCR:かすれやけい線で区切っていない手書き文字も認識するOCRソフト

OCRソフトの「帳票OCR」は、かすれた文字やけい線で区切っていない手書き文字も認識する。マイナンバーのチェック機能を搭載し、電子帳簿保存法に対応する。背景がある部分の文字も認識する。

帳票OCRのポイント

  • かすれた文字やけい線で区切っていない手書き文字も認識
  • 電子帳簿保存法に対応、マイナンバーのチェック機能を搭載
  • 特殊二値化処理を搭載し、背景がある部分のOCR処理が可能

帳票OCRの製品解説

 パナソニックの「帳票OCR」は、スキャンした帳票画像をもとに、文字やチェック、バーコードなどを認識し、編集可能なデータに変換する光学文字読み取り(OCR)ソフトウェアだ。文字ごとに罫線で区切られていない自由手書き文字にも対応している。

編集部おすすめの関連記事

 注文書、勤怠管理表、アンケートなどの帳票画像の活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどを認識し、CSVファイル形式で出力できる。電子帳簿保存法の要件に対応し、CSVファイルにログインユーザー名を出力できるほか、マイナンバーのチェック機能も搭載する。

 不鮮明でかすれているなど低品質な文字に対しても正確に認識できるという。日本語第二水準漢字にも対応。特殊二値化処理を搭載するため、背景がある部分のOCR処理も可能で、整備記録簿作成や保険取り扱いなどで需要が多い自動車検査証の認識に標準で対応する。また、CODE39、NW-7、JANコード、ITFコード、CODE128などのバーコード規格や、生産システムや物流システムなどで利用されるQRコードの認識にも対応している。

 文字認識する際に使用するテンプレートは、データ化したい帳票のセルをマウスで囲み、活字や手書き、バーコードなどの属性を設定するだけで作成できる。ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットなど、認識対象となる文字種を設定でき、指定文字で認識結果を出力できるユーザー定義文字機能も備える。

 処理結果は、画像ファイルやPDFファイルとして保存できる。保存の際は、指定した箇所の処理結果や作成日時、QRコードなどからファイル名を自動設定することが可能だ。また、ファイル名やフォーマットを振り分け条件として、指定フォルダへ自動で振り分けられる。これにより帳票の仕分け作業を自動化できる。

帳票OCRのまとめ
用途と機能帳票画像から編集可能なデータに変換するOCRソフト
特徴活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどを認識。文字ごとに罫線で区切られていない自由手書き文字にも対応している。不鮮明でかすれているなど低品質な文字に対しても正確に認識。電子帳簿保存法に対応し、マイナンバーチェック機能も備える
税別価格39万8000円、年間保守5万9700円
導入企業キヤノンシステムアンドサポート、エヌ・ティ・ティ・トラベルサービス、イードリーマー、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan