開発ツール 開発

「Docker」コンテナを「Portainer」ウェブUIで管理--インストールとログイン手順

「Docker」向け管理UIである「Portainer」。オープンソースで軽量のPortainerを使えば、イメージの取得やコンテナの追加、ネットワークの追加など、さまざまなことを実行できる。ここでは、Portainerのインストールとログインの手順を紹介する。

 現在では、企業でコンテナの使用を回避するのは、ほぼ不可能である。コンテナがここまで普及したのには、さまざまな理由がある(柔軟性や移植性、信頼性など)。だが、理由が何であれ、おそらく皆さんもメインのコンテナプラットフォームとして「Docker」を使用しているはずだ。もしそうなら、皆さんも、ネットワークに接続可能などんなブラウザからでもコンテナを管理できるウェブUIを探していたのではないだろうか。

 幸い、「Portainer」というオープンソースで軽量のDocker向け管理UIが存在する。Portainerを使えば、イメージの取得やコンテナの追加、ネットワークの追加など、さまざまなことを実行できる。このツールは実に素晴らしいので、Dockerシステムを管理する人は必ず検討すべきである。

 本記事では、Portainerをインストールしてログインする手順を紹介する。「Ubuntu Server 16.04」プラットフォーム上でデモを行い、最新版のDockerを実行する。Portainerが本当にユニークなのは、それ自体がDockerコンテナであることだ。したがって、本記事では、ちょっとした再帰性を楽しむことができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1986文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan