ERP アビームコンサルティング

JFEスチール、S/4HANAで会計システム刷新--アドオン最小化で9カ月で完了

JFEスチールは、本社やグループ会社の会計システムを「SAP S/4HANA」で再構築し、4月から稼働させている。来春をめどにグループ会社約100社へシングルインスタンスで導入を完了させる計画。

 JFEスチールは、本社やグループ会社の会計システムを「SAP S/4HANA」で再構築し、4月から稼働させている。SAPジャパンやアビームコンサルティングなどが5月25日に発表した。

 再構築の目的は、「経営分析の高度化」「将来的な国際会計基準(IFRS)対応と決算短縮」「業務標準化と人材継承」「さらなるグローバル展開」など。10年以上にわたり国産の個別パッケージを使用していたが、M&Aも含めたさらなる国内外の事業展開を支えるため、将来的なIFRSへの対応、業務の簡素化や効率化を支えるIT基盤の見直しが必要と判断した。再構築プロジェクトは、2015年秋から検討開始されている。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  2. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  3. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan