WAN高速化 アンリツネットワークス

PureFlow WSX:TCP高速化、帯域制御の機能を選べるネットワークコントローラ

ネットワークコントローラの「PureFlow WSX」は、ライセンスによってTCP高速化と帯域制御の機能を選択できる。距離遅延を解消する独自エンジンによりTCPスループット低下を抑制したり、マイクロバーストを平滑化して解消しパケットロスを抑えたりできる。

PureFlow WSXのポイント

  • ライセンスによってTCP高速化と帯域制御の機能を選択できる
  • 距離遅延を解消する独自エンジンによりTCPスループット低下を抑制
  • マイクロバーストを平滑化して解消しパケットロスを抑える

PureFlow WSXの製品解説

 アンリツネットワークスの「PureFlow WSX」シリーズは、10G対応のネットワークコントローラだ。TCP高速化と帯域制御の機能を持っており、導入するソフトウェアライセンスによってどちらの機能を利用するかを選択できる。最大帯域が10Gbpsの「PureFlow WSX」のほか、TCP高速化専用で最大帯域が1Gbpsの「PureFlow WSX Lite」も用意される。

編集部おすすめの関連記事

 TCP高速化については、独自開発のエンジンによって距離遅延を解消し、広帯域で転送速度を向上する。帯域制御エンジンも搭載し、パケット廃棄によるTCPスループットの低下も同時に抑える仕組みとなっている。パケット廃棄が起こると、スループット低下後の回復に時間が掛かることが多いが、独自の輻輳制御アルゴリズムを搭載し、回復時間を短縮することで転送速度の低下を防止する。

 帯域制御については、マイクロ秒単位のスケジューリング精度でパケット送出タイミングを調整でき、安定した転送速度を維持する。高精度シェービング技術を搭載することで、マイクロバースト(爆発的な通信データ量の増大)を平滑化し、パケットロスが発生しにくいネットワークを構築する。

 運用管理を容易にする機能も備える。遠隔での自動設定や設定変更を可能するAPI機能を標準で備えており、設定を補助するアプリケーションを開発できる。これを利用して、GUI画面で操作できるようにしたり、タイムスケジュールによって設定を変更したりすることも可能になる。また、専用ソフトウェア「モニタリングマネージャ2」により、同製品を通過するポートやシナリオ単位で、ネットワークに流れるトラフィックの可視化やトレンド分析に必要な統計情報の蓄積、グラフ表示、レポート作成も行える。

PureFlow WSXのまとめ
用途と機能TCP高速化と帯域制御の機能を備えたネットワークコントローラ
特徴ソフトウェアライセンスによってTCP高速化、または帯域制御の機能を選択。独自エンジンにより距離遅延を解消してTCPスループット低下を抑制、マイクロバーストを平滑化してパケットロスを抑制する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]