セキュリティ

「WannaCrypt」の脅威を退ける--システム管理者が語ったある企業での対応

「WannaCrypt」ランサムウェアは世界中で猛威を振るった。こうした大規模な脅威にはどのような対策が必要なのだろうか。自社の環境の評価やパッチの展開などの具体的な手順をシステム管理者が説明する

 筆者は大手金融機関のシステム管理者として働いている。「WannaCrypt」(別名「WannaCry」)の話は、5月上旬にニュースや社内のセキュリティ部門で初めて耳にした。われわれは状況を精査して最善の行動方針を決定する必要があることを悟った。

 WannaCryptがこれだけまん延した要因の1つは、「Microsoft Windows」のファイル共有プロトコル「Server Message Block」(SMB)を利用した拡散が可能な点にある。つまり、システムにフィッシング電子メールが届かなくても感染のおそれがあるということだ。そのため、一部のセキュリティ責任者や経営幹部は大いに取り乱していた。まるで、テレビドラマ「ウォーキング・デッド」の登場人物たちが、閉じ込められた倉庫の中で身を寄せ合い、ウォーカー(ゾンビ)がドアを叩く音を聞いて途方に暮れているような光景だった。

 極めて優れたツールキットが米TechRepublicでよく紹介されているが、他者との関わり合いで重宝する対人スキル、つまり「ソフト」スキルというのも数多くある。交渉力や常識がそうしたスキルの代表的なものだ。セキュリティチームや重役が、皆に今すぐ作業を止めて全システムにパッチを適用するよう迫ってきたとしても、重要なのは全体像を正しく把握するとともに、誰もが同意でき、ユーザーや管理者、組織全体のニーズにかなう筋の通った計画を立てることだ。

 本記事では、これほどの規模の脅威にどう対処すべきかを、直接的な当事者であるシステム管理者の視点から解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4315文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]