開発 開発ツール

マイクロサービスの管理を容易に--グーグル、IBM、Lyftのオープンソースプロジェクト「Istio」

グーグル、IBM、Lyftは米国時間5月24日、マイクロサービスの保護や管理を容易にするためのオープンソースプロジェクト「Istio」をリリースした。

 Google、IBM、Lyftは米国時間5月24日、マイクロサービスの保護や管理を容易にするためのオープンソースプロジェクト「Istio」をリリースした。Istioは、まずは「Kubernetes」向けにリリースされるが、向こう3カ月ごとに更新を繰り返し、最終的にその他の環境にも対応する予定だ。

 プレスリリースによると、Istioを支えるソフトウェアはLyftの「Envoy」プロキシを基盤とし、特定のマイクロサービスの配備に対して、セキュリティや可視性、ルーティング、コンプライアンスなどの機能を追加する役割を果たすという。その狙いは、レガシーアプリケーションが一連のマイクロサービスに細分化されたときに生じる多くの問題を解消することにある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1379文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵
  4. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  5. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan