マーケティング 大日本印刷

diip:データ分析と販促施策管理を回せるDMP--機械学習の売上予測にも対応

DMPサービスの「diip」は、購買履歴やウェブでの行動履歴などを一元管理、分析して販促施策の立案とPDCAサイクルの運用を支援する。100以上の分析テンプレートが標準で実装されている。

diipのポイント

  • 購買履歴やサイトの行動履歴などを一元管理、分析して販促施策を展開
  • 100以上の分析テンプレートを標準実装、統計の知識がなくても操作
  • 機械学習での売上予測や最適施策の自動選択にも対応

diipの製品解説

 大日本印刷(DNP)の「diip(ディープ)」は、データ分析とキャンペーン管理の機能を備えたデータ管理基盤(DMP)サービスだ。購買情報や来店時の行動、サイト閲覧ログ、コンタクト情報などを一元管理することで、データに基づいた販促施策の立案とPDCAサイクルの構築を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 100種類以上の分析テンプレートが標準で実装されている。購買情報やアクセスログ、イベントログなどの幅広いデータを集約して分析できる。SQLや統計解析の専門知識がなくても、簡単に操作できるとしている。

 データ分析によって抽出したターゲットに絞ってキャンペーン施策の展開が可能。一連のプロセスをテンプレート化し、スケジュールで予約することもできる。データ分析やキャンペーン設計の支援、データベースの性能改善といったサポートも提供する。

 オプション機能の「KPIアラート」は、事前に設定した主要評価指標(KPI)の集計値を定期的に自動保存し、ダッシュボード画面で容易に確認が可能。実績値から未来予測値を自動算出し、異常値や未来予測値の大きな変化が発生した場合には警告を行い問題の深刻化を防ぐ。

 また、機械学習を用いた売上予測や最適施策の自動選択を可能にするオプション機能も用意する。過去の実施履歴を機械学習させることで、最適な施策とその効果を自動予測し、生成された予測モデルを利用してレコメンド施策などの自動実行が可能となる。

diipのまとめ
用途と機能データ分析とキャンペーン管理の機能を備えたDMPサービス
特徴データに基づいた販促施策の立案とPDCAサイクルの運用を支援。100種類以上の分析テンプレートを備え、データ分析によって抽出したターゲットに絞ってキャンペーン施策の展開が可能。KPIアラートや機械学習といったオプション機能も用意する

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan