帳票管理 OCR ハンモック

TeleForm:特性が異なる2つのエンジンで誤読率を低減するOCRソフト

OCRソフトの「TeleForm」は、特性が異なる2つのエンジンで誤読率を低減する。活字や手書き文字などをデータ化してデータベースに保存。種類の違う複数の帳票もフォームIDごとに仕分けて管理する。

TeleFormのポイント

  • 特性が異なる2つのOCRエンジンで誤読率を低減、確認や修正の作業量を削減
  • 活字や手書き文字などをデータ化してデータベースに保存
  • リクエスト内容に応じたデータを抽出して電子帳票を作成

TeleFormの製品解説

 ハンモックの「TeleForm」は、データ入力業務を効率化する光学文字読み取り(OCR)ソフトだ。活字や手書き文字などをデータ化してデータベースに保存する。

編集部おすすめの関連記事

 フォームの設計が容易で、レイアウトの設計だけでなく、データベースへの接続や処理なども設定できる。フィールド名や入力属性などは、ウィザード形式で定義可能となっている。OCR処理の実行結果は、さまざまな形式で自動出力でき、既存のデータベースとも連携できる。既存帳票をスキャナで読み取り、入力部分を指定していくだけでそフォーム化する機能も備えている。

 特性が異なる2つのOCRエンジンを組み合わせ、それぞれの処理結果を照合して誤読率を低減している。確認や修正といった作業は、2つの結果が不一致だったときのみとなり、オペレーターの作業量を削減する。

 OCR処理されたイメージ情報は一覧表示され、種類の違う複数の帳票もフォームIDごとに仕分けて管理。イメージ管理画面から確認と修正が必要な文字が含まれる部分だけを抽出表示し、イメージとOCR結果を閲覧しながら処理できる。外部関数の呼び出しなどの機能拡張にも対応する。データベースからリクエスト内容に応じたデータを抽出し、PDFやTIFF形式の電子帳票に出力できる。

TeleFormのまとめ
用途と機能特性が異なる2つのエンジンを組み合わせたOCRソフト
特徴活字や手書き文字などを電子データに変換してデータベースに保存。フォームの設計が容易で、レイアウトの設計だけでなく、データベースへの接続や処理なども設定できる。データベースからリクエスト内容に応じたデータを抽出し、PDFやTIFF形式の電子帳票に出力可能
導入企業ハマナカ、東海光学、東計電算、ダイヤオフィスシステム、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan