仮想化

「Hyper-V」仮想マシンの作成と管理--「Hyper-V Manager」を使用した操作

マイクロソフトが提供する仮想化基盤技術「Hyper-V」用の仮想マシンを「Hyper-V Manager」を使って作成および管理する方法をここでは紹介する。

 使用中の物理サーバの統合から、新規サーバのプロビジョニングや高可用性環境のための仮想マシンのクラスタ化といったリソースのダイナミックな割り当てにいたるまで、仮想化がもたらすメリットはいろいろある。

 しかし、仮想化のシンプルさの陰にあるのは、どれだけ効果的に仮想マシンを管理できるかという問題だ。ここで鍵を握るのはその管理に使うソフトウェアだ。サードパーティー製の管理スイートもあれば、Microsoft自身の「Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM)」もある。だが、「Windows Server」やWindowsのクライアントOSに含まれる無料の管理アプリ「Hyper-V Manager(Hyper-V マネージャー)」も優れた管理機能を有しており、ホスティングしているすべての仮想マシンに影響するHyper-Vの設定を一括で実行でき、仮想スイッチや仮想SANといった機能も利用できる(図A図B)。

図A
図A
図B
図B

 本記事では、Hyper-V Managerに仮想マシンを追加し、リモートで管理する方法を解説する。必要なものは以下の通りだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1583文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan