情報漏えい対策 パロアルトネットワークス

Aperture:SaaSの脅威防御や情報漏えい対策を担うセキュリティサービス

セキュリティサービスの「Aperture」は、SaaSの脅威防御や情報漏えい対策を担う。SaaSの利用状況を把握するほか、コンテンツ検査機能を搭載。ルールに違反が発生しても即座にSaaSからデータを隔離する。

Apertureのポイント

  • ユーザーやフォルダ、ファイルの動きを可視化、SaaSの利用状況を把握
  • 機械学習によるカスタムデータ分類や日本語対応のコンテンツ検査機能を搭載
  • SaaSを狙うマルウェアを識別、BoxやOffice 365などに対応

Apertureの製品解説

 パロアルトネットワークスの「Aperture」は、SaaSの脅威防御や情報漏えい対策を担うセキュリティサービス。ユーザーやフォルダ、ファイルの動きを可視化して分析することで、SaaSの利用状況を把握できる。

編集部おすすめの関連記事

 一般的にネットワーク境界からは見えないSaaS内にあるデータを保護することは難しく、放置しておくと情報漏えいや脅威の拡散、コンプラアンス違反といったさまざまなリスクが生じるおそれがある。

 機械学習によるカスタムデータ分類や日本語対応のコンテンツ検査機能を提供する。キーワードや正規表現、業界標準のデータ分類子に基づき、重要なデータが誤って公開されていないか、コンプライアンスに違反していないかを判定する。

 さらに、コンテキストを理解することができるポリシー制御機能によって、組織の定めるルールに違反が発生しても即座にSaaSからデータを隔離できるようになっている。

 同社の次世代ファイアウォールや脅威インテリジェンスクラウド「WildFire」と連携することで、SaaSをターゲットとした既知と未知のマルウェアを識別してブロックする。

 現時点で対応するSaaSは、「Box」「Dropbox」「GitHub」「Google Drive」「Microsoft Office 365」「Salesforce」「Slack」「Jive」「ServiceNow」などとなっている。

Apertureのまとめ
用途と機能SaaSの脅威防御や情報漏えい対策を実現するクラウドサービス
特徴ユーザーやフォルダ、ファイルの動きを可視化して分析することで、SaaSの利用状況を把握。機械学習によるカスタムデータ分類や日本語対応のコンテンツ検査機能を提供。SaaSをターゲットとした既知と未知のマルウェアを識別してブロックする

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]