VPN 富士通

FENICSビジネスVPN:フレッツを利用できるVPN--WAN認証にも対応

VPNサービス「FENICSビジネスVPN」はアクセス回線に光などのブロードバンドを活用。WAN通信認証で登録した端末以外の接続を遮断するなど、さまざまなオプションを組み合わせられる。

FENICSビジネスVPNサービスのポイント

  • NTTのフレッツ回線などからFENICS IP網に接続
  • WAN通信認証で登録した端末以外からのアクセスを遮断
  • スマートフォン接続、クラウド接続といったオプションも提供

FENICSビジネスVPNサービスの製品解説

 富士通の「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSビジネスVPNサービス」は、NTTのフレッツ回線などでコストを抑えられる仮想私設網(VPN)サービスだ。

編集部おすすめの関連記事

 ブロードバンド回線を利用することで、従来のIP-VPNに比べて運用コストを低減する。必要に応じて専用線接続などのマルチキャリア回線を使った冗長構成を利用できる。広域通信網(WAN)経由でアクセスするユーザーの認証機能も提供されるため、登録した端末以外のアクセスを禁止できる。

 また同社のVPNルータ「Si-R」シリーズを組み合わせることで、専用の窓口対応が受けられるようになるため、トラブル発生時のサポートなど迅速な障害復旧を可能にする。

 さらに同社のモバイル接続サービス「FENICS IIユニバーサルコネクト」を利用した社外からのスマートフォン接続、クラウド環境への接続といったオプションサービスも提供する。

FENICSビジネスVPNのまとめ
用途と機能専用ルータで接続するVPNネットワーク。専用の窓口で対応することでトラブル時もサポートされる
特徴光などのブロードバンド回線のアクセスで費用を低減。オプションを組み合わせてさまざまな環境に合わせられるのでミニマムスタートなどにも向いている
導入企業JA鹿児島県中央会、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan