VPN 富士通

FENICSビジネスVPN:フレッツを利用できるVPN--WAN認証にも対応

VPNサービス「FENICSビジネスVPN」はアクセス回線に光などのブロードバンドを活用。WAN通信認証で登録した端末以外の接続を遮断するなど、さまざまなオプションを組み合わせられる。

FENICSビジネスVPNサービスのポイント

  • NTTのフレッツ回線などからFENICS IP網に接続
  • WAN通信認証で登録した端末以外からのアクセスを遮断
  • スマートフォン接続、クラウド接続といったオプションも提供

FENICSビジネスVPNサービスの製品解説

 富士通の「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSビジネスVPNサービス」は、NTTのフレッツ回線などでコストを抑えられる仮想私設網(VPN)サービスだ。

編集部おすすめの関連記事

 ブロードバンド回線を利用することで、従来のIP-VPNに比べて運用コストを低減する。必要に応じて専用線接続などのマルチキャリア回線を使った冗長構成を利用できる。広域通信網(WAN)経由でアクセスするユーザーの認証機能も提供されるため、登録した端末以外のアクセスを禁止できる。

 また同社のVPNルータ「Si-R」シリーズを組み合わせることで、専用の窓口対応が受けられるようになるため、トラブル発生時のサポートなど迅速な障害復旧を可能にする。

 さらに同社のモバイル接続サービス「FENICS IIユニバーサルコネクト」を利用した社外からのスマートフォン接続、クラウド環境への接続といったオプションサービスも提供する。

FENICSビジネスVPNのまとめ
用途と機能専用ルータで接続するVPNネットワーク。専用の窓口で対応することでトラブル時もサポートされる
特徴光などのブロードバンド回線のアクセスで費用を低減。オプションを組み合わせてさまざまな環境に合わせられるのでミニマムスタートなどにも向いている
導入企業JA鹿児島県中央会、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]