ウェブアプリケーション

「Google Analytics」でウェブサイトを改善--データを有効活用する4つのヒント

「Google Analytics」は強力なウェブ分析ツールだが、ただサイトの訪問者数を確認して終わるだけの人が多くいるのではないだろうか。本記事では同ツールが集めたデータを有効に活用するためのヒントを紹介する。

 「Google Analytics」は強力なウェブ分析ツールである。Google Analyticsのパワーユーザーであれば、このツールを利用して目標を設定し、キャンペーンのパフォーマンスを分析し、Eコマースを促進して、顧客の行動に対する理解を深めているかもしれない。

 筆者は、Google Analyticsをセットアップしたものの、そこで終わってしまう企業をあまりにもたくさん見てきた。Google Analyticsのツール群はデータを収集するが、こうした企業の人々は、時々ログインして、一定期間内における訪問者の総数を確認し、ログアウトしている。残念ながら、データが威力を発揮するのは、ユーザーがそのデータに基づいて行動を起こした場合だけだ。

 そこで、皆さんが行動を取り始められるように、本記事では、企業のウェブサイトでGoogle Analyticsのデータを有効に活用する4つの方法を紹介する。

 (注:以下では、既にGoogle Analyticsの設定が完了済みで、自分のサイトのデータを収集している人を対象に話を進める。設定などをまだ済ませていない人は、米TechRepublicによる「Five things you should know about Google Analytics」(Google Analyticsについて知っておくべき5つのこと)、Googleによる「Get started with Analytics」(Analyticsの利用を開始する)という記事を参照してほしい)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3296文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan