モバイル

「Android」開発者なら把握しておきたいこと--「Google I/O 2017」での発表を振り返る

「Google I/O 2017」が閉幕し、「Android」に関する未来のロードマップが示された。そのなかでおそらく最も重要と思われる5つのことをここでは紹介する。

 「Google I/O 2017」が閉幕し、「Android」や「Google Assistant」「Google Home」、仮想現実などの未来のロードマップが示された。同イベントで披露されたのは、開発者向けの情報である。消費者にとっては退屈かもしれないが、開発者から見ると、I/O 2017は極めて大きな可能性を提示した。

 Androidを搭載する月間アクティブ端末が20億台を突破した今、開発者にとって、状況は最高である。だが、Google I/O 2017で発表された情報の中で、開発者が必ず知っておくべき重要なものは何なのだろうか。本記事では、おそらく最も重要と思われる5つのことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2744文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  3. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  4. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  5. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]