モバイル

米国で増えるデジタル高齢者--65歳以上の67%がネット利用、42%がスマホ所有

Pew Research Centerは、米国市民を対象にインターネットやスマートデバイスの利用状況を調べ、高齢者に着目した集計結果を発表した。それによると、2016年時点で65歳以上のインターネット利用率は67%あり、2000年の12%から55ポイントも増加したという。

 Pew Research Centerは、米国市民を対象にインターネットやスマートデバイスの利用状況を調べ、高齢者に着目した集計結果を発表した。それによると、2016年時点で65歳以上のインターネット利用率は67%あり、2000年の12%から55ポイントも増加したという。また、2000年に0%だった家庭でのブロードバンド利用率は2016年に51%へ上昇し、初めて過半数になった。

ITを使いこなす高齢者が増加(出典:Pew Research Center)
ITを使いこなす高齢者が増加(出典:Pew Research Center)

 米国では、現在全人口の15%に相当する4600万人が65歳以上だそうだ。今後も高齢化の傾向は変わらず、2050年にはその割合が22%まで増える見通し。高齢化が進むにしたがいITを使いこなす高齢者も増えており、2016年における65歳以上のスマートフォン所有率は42%ある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1306文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan