モバイル

米国で増えるデジタル高齢者--65歳以上の67%がネット利用、42%がスマホ所有

Pew Research Centerは、米国市民を対象にインターネットやスマートデバイスの利用状況を調べ、高齢者に着目した集計結果を発表した。それによると、2016年時点で65歳以上のインターネット利用率は67%あり、2000年の12%から55ポイントも増加したという。

 Pew Research Centerは、米国市民を対象にインターネットやスマートデバイスの利用状況を調べ、高齢者に着目した集計結果を発表した。それによると、2016年時点で65歳以上のインターネット利用率は67%あり、2000年の12%から55ポイントも増加したという。また、2000年に0%だった家庭でのブロードバンド利用率は2016年に51%へ上昇し、初めて過半数になった。

ITを使いこなす高齢者が増加(出典:Pew Research Center)
ITを使いこなす高齢者が増加(出典:Pew Research Center)

 米国では、現在全人口の15%に相当する4600万人が65歳以上だそうだ。今後も高齢化の傾向は変わらず、2050年にはその割合が22%まで増える見通し。高齢化が進むにしたがいITを使いこなす高齢者も増えており、2016年における65歳以上のスマートフォン所有率は42%ある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1306文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  3. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  4. ITRレポート 「ビジネスに貢献するIT」実現のためのクラウド選定指針
  5. 今後10年のIT基盤はサーバ主導で「情報駆動型」「自動化」へ--その具体的な選択肢

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan