情報漏えい対策

P-Pointer File Security:個人情報を検出して自動対処--違反状況を把握

個人情報ファイル管理ソフトウェアの「P-Pointer File Security」は、個人情報ファイルを検出し、社内ポリシーや保管ルールの違反状況を把握する。違反するファイルを所定の場所に自動で移動させたり、削除したりできる。

P-Pointer File Securityのポイント

  • 個人情報ファイルを検出し、社内ポリシーや保管ルールの違反状況を把握
  • 違反するファイルを所定の場所に自動で移動、削除
  • 検索実行のスケジューリングと検出後の対処方法を設定

P-Pointer File Securityの製品解説

 アララの「P-Pointer File Security」は、クライアントPCやファイルサーバの中から保管ルールに違反している個人情報ファイルを検出し、自動で対処する個人情報ファイル管理ソフトウェアだ。個人情報ファイルがどこにあるかをチェックでき、自動で移動や削除を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 あらかじめ指定された検索対象のフォルダやファイルをスキャンし、どこにどれくらい個人情報を含むファイルがあるのか検出。2回目以降の検索は更新ファイルのみをスキャンする。リアルタイムスキャンを有効にすれば、ファイルが更新されたタイミングで自動検出する。

 社内ポリシーや保管ルールの状況を確認し、違反するファイルを所定の場所に自動で移動させたり、削除したりする。利用者が確認してから自動実行する「承諾」モードや、手動での対処実行機能も搭載している。

 従業員側でも違反しているファイルを分かりやすく確認できる。従業員のセキュリティ意識向上にも役立てられる。検索条件、ファイル管理ルールを定義し、検索実行のスケジューリングと検出後の対処方法を設定できる。検出や対処結果の確認や検出結果のCSV出力にも対応。端末をログオフしていても動作し、Windows環境以外のファイルサーバもネットワーク越しに検索できる。

P-Pointer File Securityのまとめ
用途と機能PCやサーバから個人情報を検出して自動対処するソフトウェア
特徴社内ポリシーや保管ルールの状況を確認し、違反するファイルを所定の場所に自動で移動させたり、削除したりする。従業員側でも違反しているファイルを分かりやすく確認でき、従業員のセキュリティ意識向上にも役立てられる。検出や対処結果の確認や検出結果のCSV出力にも対応
導入企業NTTレゾナント、東日本高速道路、KNTビジネスクリエイト、楽天生命保険、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan