ファイル共有 ソルクシーズ

Fleekdrive:コミュニケーションしながら共同で編集できるファイル共有サービス

ファイル共有サービスの「Fleekdrive」は、コミュニケーションを取りながらファイルを共同編集できる。自動更新通知やワークフローの自動化などの機能を備え、PhotoshopやIllustratorで作成したファイルの閲覧も可能だ。

Fleekdriveのポイント

  • 共有方法や受け渡しの方法も選択可能
  • アップロードで見積申請などの承認作業を自動化
  • 動画の再生、Photoshopなどで作成したファイルの閲覧も可能

Fleekdriveの製品解説

 ソルクシーズの「Fleekdrive」は、リアルタイムにコミュニケーションを取りながら共同編集できるファイル共有サービス。オンラインでのファイル共有管理をはじめ、ファイルの自動更新通知やワークフローの自動化など、ビジネスプロセスを改善できる。

編集部おすすめの関連記事

 チャットでリアルタイムにコミュニケーションを取りながら、1つのファイルを利用者で一斉に編集可能。メンションやスタンプでコミュニケーションを活性化させながら、確認待ち時間や中断などの時間を削減して共同作業効率を向上できる。作成後のファイルにレーティングを付けられ、重要で価値あるファイルを分かりやすく可視化できる。

 目的や業務のシーンに応じ、ファイルの共有方法や受け渡しの方法を変更可能。閲覧のみやファイルの配信のみ、URLの発行やクラウドとローカルの同期など、安全かつ利便性の高い受け渡し方法を選択できる。

 ファイルをアップロードした際は、あらかじめ選択したユーザーへ更新を通知。アップロードをトリガーに見積申請や提案書申請などの承認タスクを自動化することもできる。また、ファイルの発見や不要なファイルの整理を支援する文書管理機能も搭載。動画の受け渡しや再生、PhotoshopやIllustratorで作成したファイルの閲覧なども可能だ。

Fleekdriveのまとめ
用途と機能リアルタイムにコミュニケーションを取りながら共同編集できるファイル共有サービス
特徴待ち時間や中断などの時間を削減し、作業効率を向上。動画の受け渡しや再生、PhotoshopやIllustratorで作成したファイルの閲覧なども可能だ
税別価格Teamプランは1人あたり月額500円から、Businessプランは1人あたり月額1500円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]