BI

「ハイブリッドアナリティクス」がもたらすメリットを獲得するには何が必要か

「ハイブリッドクラウドアナリティクス」でユーザー企業はいったいどんな価値が得られるのか。そのメリットを解説する。

 “ハイブリッドクラウド”は、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドといった各種インフラを混用することでさまざまなサービスを実現し、各種プラットフォーム間を統合するコンピュータ環境と定義できます。また、ハイブリッドクラウドは、複数のクラウド同士を、あるいはオンプレミスのインストレーションとクラウドベースのインストレーションとを結びつけるものです。こうした一般的な定義の下、昨今多くのベンダー企業が「ハイブリッドクラウドアナリティクス」を自称しています。

 しかし、「ハイブリッドクラウドアナリティクス」でユーザー企業はいったいどんな価値が得られるか、もう少し細かくじっくりと考えていく必要があります。

 例えば、オンプレミスのインストレーションからクラウドに分析アプリケーションをパブリッシュできれば、エンドユーザーにとってはかなり有益でしょう。しかし、これだけでは、「ハイブリッドクラウドアナリティクス」とは言えません。「ハイブリッドクラウドアナリティクス」のアプローチを定義する要素はいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1608文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan