BI

「ハイブリッドアナリティクス」がもたらすメリットを獲得するには何が必要か

「ハイブリッドクラウドアナリティクス」でユーザー企業はいったいどんな価値が得られるのか。そのメリットを解説する。

 “ハイブリッドクラウド”は、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドといった各種インフラを混用することでさまざまなサービスを実現し、各種プラットフォーム間を統合するコンピュータ環境と定義できます。また、ハイブリッドクラウドは、複数のクラウド同士を、あるいはオンプレミスのインストレーションとクラウドベースのインストレーションとを結びつけるものです。こうした一般的な定義の下、昨今多くのベンダー企業が「ハイブリッドクラウドアナリティクス」を自称しています。

 しかし、「ハイブリッドクラウドアナリティクス」でユーザー企業はいったいどんな価値が得られるか、もう少し細かくじっくりと考えていく必要があります。

 例えば、オンプレミスのインストレーションからクラウドに分析アプリケーションをパブリッシュできれば、エンドユーザーにとってはかなり有益でしょう。しかし、これだけでは、「ハイブリッドクラウドアナリティクス」とは言えません。「ハイブリッドクラウドアナリティクス」のアプローチを定義する要素はいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1608文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]