IDC Japan

「OpenStack」と「Docker」、2017年は普及元年に--エンジニア不足が課題

IDC Japanによると、IaaS環境構築管理ソフトウェア「OpenStack」とコンテナ管理ソフト「Docker」は、検討と計画の段階から実装の段階へと移行しており、2017年は普及元年になるという。同社が実施したユーザー調査から明らかになった。

 IDC Japanによると、IaaS環境構築管理ソフトウェア「OpenStack」とコンテナ管理ソフト「Docker」は、検討と計画の段階から実装の段階へと移行しており、2017年は普及元年になるという。同社が実施したユーザー調査から明らかになった。

 サーバ仮想化を導入している企業と組織を対象としたアンケート調査を2017年3月に実施。464社から有効回答を得た。2016年3月に実施した前回調査とも比較している。

残り本文:約1136文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]