AI・機械学習 モバイル クラウド クラウドサービス

グーグル製品で役割増すAI--「Google I/O 2017」基調講演まとめ

グーグルの開発者会議Google I/O 2017が米国時間5月17日に開幕した。ここでは、同日の基調講演で発表された内容をまとめた。

 Google最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は米国時間5月17日、カリフォルニア州マウンテンビューで開催中の開発者会議Google I/O 2017で、同社が機械学習と人工知能(AI)に改めて主眼を置き、全製品を見直していることを明らかにした。

 同社が機械学習を採用した最新の例に、「Google Home」がある。同スマートスピーカーが搭載している「Google Assistant」は、ディープラーニングを使って複数のユーザーが1台のGoogle Homeユニットを共有できるようにしている。また、Pichai氏は、「iOS」と「Android」向け「Gmail」に機械学習を駆使した「Smart Reply」機能が導入されることも発表した。

 今回のI/Oにおける重要な発表の1つが「Google Lens」だ。Google Lensは、ビジョンベースのコンピューティング機能の集合体で、ユーザーがスマートフォンのカメラで何を見ているかを理解しようとし、その情報を基にユーザーの行動を手助けする機能だ。Pichai氏によると、例えば、ユーザーが花の写真を撮ると、Google Lensがその花の種類を表示してくれるという。また、ユーザーがスマートフォンをルータに向けると、ラベルに記載されているパスワードに基づいてそのルータに接続するという。Google Lensは今後数週間のうちに、まずはGoogle Assistantと「Google Photos」向けにリリースされる予定だ。

 2016年のI/OでPichai氏は、コンピューティングがモバイルファーストからAIファーストに移行している状況について語ったが、2017年もそのテーマが引き継がれていた。Pichai氏によると、Googleは「AIファーストなデータセンター」を構築すべく、自社のコンピューティングアーキテクチャを見直していると述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2094文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan