マーケティング デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

AudienceONE:オーディエンスデータの分析と広告施策の運用を支援するDMP

DMPの「AudienceONE」は、オーディエンスデータを活用し、さまざまなターゲティング配信を可能にする。消費者を高い精度でセグメントし、最適な商品プロモーションに利用できる。

AudienceONEのポイント

  • ウェブでの行動履歴や個人属性を分析して、広告施策の運用を支援
  • 収集したデータを分析加工し、精度の高い配信ターゲットを生成可能
  • 作成したセグメントは企業のニーズにあわせた施策や分析に活用

AudienceONEの製品解説

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの「AudienceONE」は、ウェブサイトの行動履歴や個人属性などの“オーディエンスデータ”を利用し、さまざまなターゲティング配信を可能としたデータ管理基盤(Data Management Platform:DMP)。広告主、メディア、ECサイトなどが保有する大量のデータを分類し、商品プロモーションなどのマーケティングに活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 サイト訪問者のデモグラフィック情報の可視化、特定のオーディエンスセグメントと類似しているデータの解析、ユーザーのサイト閲覧や検索などの行動情報から興味関心の分析、トラッキングツールやリターゲティングタグなどサイト内にあるタグの一元管理、DMPの利用ユーザー間でのオーディエンスデータ共有、顧客情報やソーシャルメディア情報との連携などのさまざまな機能を搭載する。第三者のデータと自社データを統合して、より詳細な分析も可能となっている。

 収集したオーディエンスデータから配信ターゲットを生成可能。これまで手動で管理してきた情報を容易に管理できるようになる。作成したセグメントは、プライベートDMPやマーケティングオートメーション(MA)ツールとの連携が可能で、企業のニーズにあわせた施策や分析に活用できる。

 専門家による顧客分析をはじめ、分析結果を踏まえた施策案や実行計画の提案、広告施策の運用に至るまで、データを活用したマーケティング施策を支援する。

AudienceONEのまとめ
用途と機能オーディエンスデータを利用したターゲティング配信を可能にするDMP
特徴広告主、メディア、ECサイトなどが保有する大量のデータを分類し、商品プロモーションなどのマーケティングに活用可能。収集したオーディエンスデータから配信ターゲットを生成する。作成したセグメントは商品プロモーションなど、企業のニーズにあわせた施策や分析に活用できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan