開発 開発ツール 開発支援

「Docker」入門--大きな注目を集めるソフトウェアコンテナプラットフォーム

「Docker」はソフトウェアコンテナプラットフォームとして大きな注目を集めている。本記事では、同プラットフォームが重要である理由、仮想マシンとの違いなど、Dockerの概要について解説する。

 コンテナの広範な普及によって、ITの正統的な慣行に変化が生じた。具体的に言うと、管理者は、アプリケーションやユーザーの間に境界を設けるために、複数の仮想マシンを実行する必要がない。独自のプロセス隔離とライフサイクル管理戦略を持つ、「Java」などの言語の恩恵を受けているプログラマーもそうだ。

 こうした変化を牽引しているのが「Docker」だ。Dockerは、ソフトウェアコンテナ内のプログラムのデプロイメントと管理を自動化するオープンソースユーティリティである。さらに、Dockerはコンテナエコシステムの中心的存在となっており、コンピューティングクラスタ内でDockerを通してコンテナをデプロイするための「Kubernetes」など、ほかのソリューションも提供されている。

 このDocker入門の記事を読めば、同ソフトウェアコンテナプラットフォームに関する基本的な知識を短時間で得ることができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2767文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan