PBX

Colt Asia Cloud PBX:固定電話の保守などを一元化できる音声通話サービス

音声通信サービス「Colt Asia Cloud PBX」は、初期費用と月額料金だけで利用できる。機器や回線をすべて一括で提供することで運用や保守、更新作業、導入後のカスタマーサポートなども一元化できる。

Colt Asia Cloud PBXサービスのポイント

  • ビジネスホンの運用や保守、更新などを一元化
  • アクセス回線はプライベートイーサネット網
  • 拠点間は内線通話扱い、転送や保留、会議などにも対応

Colt Asia Cloud PBXサービスの製品解説

 Coltテクノロジーサービスの「Colt Asia Cloud PBXサービス」は、構内交換機(PBX)の購入が不必要で、初期費用と月額料金だけで利用できる音声通信サービス。拠点が複数ある場合、その拠点ごとにPBXやIP電話機、アクセス回線などを準備しなければならず、コストや運用負担の削減という面では多くの企業にとって課題となっている。

編集部おすすめの関連記事

 同サービスでは、これらの機器や回線をすべて一括で提供することでビジネスホンの運用や保守、更新作業、さらには導入時のベンダー管理や導入後のカスタマーサポートなども一元化。クラウド基盤によるサービスで柔軟性や拡張性に富んだサービスを提供する。

 提供されるPBXシステムは国内外で運用実績があるソフトウェアをベースとしたコアPBXシステムで、Coltのデータセンター内に設置され、アクセス回線として同社のプライベートイーサネット網が使われる。

 同一法人であれば、拠点間は内線通話扱いとなるため無料。外線発着信や内線発着信をはじめ、転送や保留、会議などの機能を利用できる。同社が提供する電話番号(0AB-J番号や050IP番号)と着信課金番号(050IPサービスは対象外)もそのまま利用できる。

Colt Asia Cloud PBXサービスのまとめ
用途と機能多拠点の音声通信に必要なPBX機能をトータルで提供。初期費用と月額料金で活用できる
特徴企業の音声通話環境をワンストップで提供。通信コストや運用負担を低減できる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]