資産管理 Winテクノロジ株式会社

PerfectWatch Advance:棚卸支援やワークフローも搭載するIT資産管理ツール

IT資産管理システム「PerfectWatch Advance」はライセンスやライセンス関連部材、導入ソフトウェア、ハードウェアの4つの台帳で管理する。承認した情報が台帳に登録されるワークフロー機能も搭載されている。

PerfectWatch Advanceのポイント

  • 所有ライセンスを管理し、ライセンスと導入ソフトウェアを一括して紐付け
  • ソフトウェア分類比率や契約期限アラートライセンス数、ライセンス違反件数を把握
  • 棚卸しツールとのデータ連携機能も搭載

PerfectWatch Advanceの製品解説

 Winテクノロジの「PerfectWatch Advance」は、台帳システムを基盤にIT資産の状況を正しく把握、管理するためのIT資産管理システムだ。前版の「PerfectWatch」に比べ、ユーザー権限種別を拡充し、製品単体での独自認証機能をサポート、ソフトウェアを管理対象外、利用可能、未許可、禁止の4段階にレベリングする。

編集部おすすめの関連記事

 SQL Serverのサーバ環境が前提となるシステムで、クライアント端末からはInternet Explorerで参照できる。IT資産は、ライセンス、ライセンス関連部材、導入ソフトウェア、ハードウェアの4つの台帳で管理する。

 これらにより、所有ライセンスを管理し、ライセンスと導入ソフトウェアを一括して紐付けするほか、ライセンス証明に必要な部材やPC、サーバなどのハードウェアの管理が可能だ。ソフトウェアについては、インストール前に利用を確定することで、ライセンス違反のリスクを抑えられる。

 また、ライセンスやハードウェアの利用実態と台帳を定期的に突き合わせる棚卸しに対し、棚卸しツールとのデータ連携機能も提供される。利用者にIT資産状況を公開するポータル機能も用意されている。

 IT資産管理に必要な規程や規則などのドキュメントを一元管理でき、各資産に対する申請や棚卸しなどの作業はすべてここから行える。

 ソフトウェア分類比率や契約期限アラートライセンス数、ライセンス違反件数といった分析結果を表示できるほか、ポータルから導入ソフトウェア、所有ライセンス、ハードウェアなどの資産状況を組織別に確認でき、台帳と差異がある場合にはアラートが表示される。

 このほか、ハードウェアの調達から廃棄まで、ソフトウェアの利用開始や終了など、IT資産のライフサイクルで発生するイベントに対して各種申請書を提供し、承認した情報が台帳に登録されるワークフロー機能、ハードウェアと周辺機器の棚卸しデータの作成、棚卸しの記録や進捗管理が可能な棚卸支援機能も提供しており、総合的なIT資産管理を効率的に進められる。

PerfectWatch Advanceのまとめ
用途と機能ライセンス、ライセンス関連部材、導入ソフトウェア、ハードウェアの4つの台帳で管理するIT資産管理システム
特徴所有ライセンスを管理し、ライセンスと導入ソフトウェアを一括して紐付けする。利用者にIT資産状況を公開するポータル機能も用意。棚卸ツールとのデータ連携機能や承認した情報が台帳に登録されるワークフロー機能も搭載
税別価格ライセンス価格:300万円、保守年間費用:60万円、ソフトウェア辞書更新サービス年間費用:36万円(管理対象ハードウェア2000台までの場合)
導入企業キヤノンマーケティングジャパンなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan