OS OS・ミドルウェア Windows

Windows 10の次期メジャーアップデート「Fall Creators Update」--注目すべき新機能

マイクロソフトは米国時間5月11日、「Windows 10」の次期メジャーアップデートの一部を披露した。ここでは、同アップデートがどのような内容を含むか解説する。

 Microsoftは米国時間5月11日、「Windows 10」の未来の一部を披露し、「OneDrive」のプレースホルダーの復活や同OSの新しい外観を誇示した。

 Windows 10へのそうした大規模な変更の数々は「Fall Creators Update」の一部として、10月より大半のユーザーにロールアウトされる予定だ。

 MicrosoftのOSグループ担当コーポレートバイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏は同社の「Build」カンファレンスで、「われわれは現在、PCやタブレット、スマートフォン、テレビ、複合現実(MR)ヘッドセットなど極めて多様な端末向けに、マウス、インク、タッチ、ジェスチャー、視線入力の体験を構築している」と述べた。

 Microsoftには、Windows 10を改善し続ける動機がある。同OSのユーザー数10億人という目標の達成を目指しているからだ。Microsoftの最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella氏が5月10日に述べたところによると、Windows 10は現在、1カ月に5億台の端末で使用されており、2016年9月の4億台から増加したという。

 本記事では、10月にリリースされるWindows 10のアップデートに期待すべきことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3184文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]