WAN高速化 ハイテクインター

WXB:TCP高速化やデータ圧縮を搭載したWAN高速化装置--既存環境を変更せずに導入

WAN高速化装置の「WXB」は、TCP高速化、データ圧縮、DREにより拠点間の通信を高速化する。既存のシステム環境に変更を加えずに導入でき、WAN帯域、TCPセッション数などの異なる2モデルを用意する。

WXBのポイント

  • TCP高速化、データ圧縮、DREにより拠点間の通信を高速化
  • 既存のシステム環境に変更を加えずに導入できる
  • WAN帯域、TCPセッション数などの異なる2モデルを用意

WXBの製品解説

 ハイテクインターの「WXB」は、アプリケーションの可視化や高速化を可能にする広域通信網(WAN)高速化装置だ。WANを流れるデータを圧縮したり、冗長性を排除したりする機能も備える。既存のシステム環境に変更を加えることなく、拠点間のデータ通信を高速化できる。

編集部おすすめの関連記事

 高速化のための技術として、TCP高速化、データ圧縮、データ冗長性排除(Data Redundancy Elimination:DRE)をを搭載する。TCP高速化は、TCPのプロキシとして動作し、代理の確認応答を処理することにより、データ転送を高速化、最適化するもの。これによりスループットを最大化し、遅延制御を可能にする。

 また、WANを流れるデータを、Deflateアルゴリズムを使って圧縮する。DREによってネットワークを通過したデータをキャッシュし、重複するデータがネットワークを通過するのを防ぐ。同じデータが繰り返し通過する場合はパターン識別子(ラベル)のみを送信し、元のデータは対向装置で再構成する。これらよりデータ転送を高速化する。

 最大TCPセッション数やWAN帯域の異なる2製品が用意される。最大TCPセッション数は、上位機の「WXB550」が1000、「WXB360」が600となる。WAN帯域については、全てのWAN最適化機能が有効の場合のWAN帯域はWXB550が20Mbps、WXB360が5Mbps、TCPアクセラレーションのみの場合のWAN帯域はWXB550が100Mbps、WXB360が35Mbpsとなっていて、環境に応じて選択できる。

WXBのまとめ
用途と機能アプリケーションの可視化や高速化を可能にするWAN高速化装置
特徴WANを流れるデータを圧縮したり、冗長性を排除したりする機能も備える。既存のシステム環境に変更を加えることなく、拠点間の大容量データ通信を高速化する。環境に応じて選択可能な2モデルを用意、既存システムを変更せず導入可能

「WAN高速化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]