WAN高速化 ハイテクインター

WXB:TCP高速化やデータ圧縮を搭載したWAN高速化装置--既存環境を変更せずに導入

WAN高速化装置の「WXB」は、TCP高速化、データ圧縮、DREにより拠点間の通信を高速化する。既存のシステム環境に変更を加えずに導入でき、WAN帯域、TCPセッション数などの異なる2モデルを用意する。

WXBのポイント

  • TCP高速化、データ圧縮、DREにより拠点間の通信を高速化
  • 既存のシステム環境に変更を加えずに導入できる
  • WAN帯域、TCPセッション数などの異なる2モデルを用意

WXBの製品解説

 ハイテクインターの「WXB」は、アプリケーションの可視化や高速化を可能にする広域通信網(WAN)高速化装置だ。WANを流れるデータを圧縮したり、冗長性を排除したりする機能も備える。既存のシステム環境に変更を加えることなく、拠点間のデータ通信を高速化できる。

編集部おすすめの関連記事

 高速化のための技術として、TCP高速化、データ圧縮、データ冗長性排除(Data Redundancy Elimination:DRE)をを搭載する。TCP高速化は、TCPのプロキシとして動作し、代理の確認応答を処理することにより、データ転送を高速化、最適化するもの。これによりスループットを最大化し、遅延制御を可能にする。

 また、WANを流れるデータを、Deflateアルゴリズムを使って圧縮する。DREによってネットワークを通過したデータをキャッシュし、重複するデータがネットワークを通過するのを防ぐ。同じデータが繰り返し通過する場合はパターン識別子(ラベル)のみを送信し、元のデータは対向装置で再構成する。これらよりデータ転送を高速化する。

 最大TCPセッション数やWAN帯域の異なる2製品が用意される。最大TCPセッション数は、上位機の「WXB550」が1000、「WXB360」が600となる。WAN帯域については、全てのWAN最適化機能が有効の場合のWAN帯域はWXB550が20Mbps、WXB360が5Mbps、TCPアクセラレーションのみの場合のWAN帯域はWXB550が100Mbps、WXB360が35Mbpsとなっていて、環境に応じて選択できる。

WXBのまとめ
用途と機能アプリケーションの可視化や高速化を可能にするWAN高速化装置
特徴WANを流れるデータを圧縮したり、冗長性を排除したりする機能も備える。既存のシステム環境に変更を加えることなく、拠点間の大容量データ通信を高速化する。環境に応じて選択可能な2モデルを用意、既存システムを変更せず導入可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]