RDBMS DWH 日本オラクル 村田製作所

村田製作所、基幹系システム基盤をExadataで統合--夜間バッチで30%向上見込む

村田製作所はExadataで生産、販売、物流管理などの基幹システムのIT基盤を統合した。検証環境や災害対策環境も含め、計画停止まで考慮した堅牢なデータベース基盤を構築するため、Exadataを4台導入した。

 村田製作所は「Oracle Exadata Database Machine」を導入し、生産、販売、物流管理などの基幹システムのIT基盤を統合した。新システムは「Oracle Database 12c」上で稼働し、プライベートクラウド環境やハイブリッドクラウド環境への移行が容易になるという。日本オラクルが5月11日に発表した。

 村田製作所では、従来メインフレームシステムを運用していたが、処理速度低下や運用コストが課題となっていた。夜間のバッチ処理では、データの増量に伴い実行時間の長期化が課題となっていた。同社は製品の90%以上を海外で販売しており、グローバル生産の拡大や積極的なM&A戦略で取り扱うデータ量やシステムの利用者数が増大している。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan