IoT

Konekti:センサ実装からデータ管理基盤をまとめて提供するIoT基盤

IoTプラットフォームの「Konekti」は、IoT機器やデータ処理基盤、通信サービスまでをまとめて利用できる。エッジでデータを整形、データ管理基盤に自動転送する。ほかのクラウドとも連携できる。

Konektiのポイント

  • 送信機やゲートウェイ、データ管理、通信などで構成
  • データはMQTTに変更して転送、エッジサイドで整形可能
  • ほかのクラウドサービスとも連携可能

Konektiの製品解説

 日本ラッドの「Konekti」は、データ送信機、ゲートウェイ機器、データ処理基盤、データ管理基盤、通信サービスからなるモノのインターネット(IoT)プラットフォームである。実証実験の少量導入から、本格的な大量導入までサポートするとしている。

編集部おすすめの関連記事

 小型軽量の電池駆動で3種類のセンサを搭載可能なデータ送信器「Konekti Logger」、プラグ&プレイが可能なゲートウェイ機器「Konekti Gate」、データ処理基盤「Konekti Cloud」、データ管理基盤「Konekti DMP」、長距離の無線通信サービスを提供する「Konekti LPWA」で構成されている。

 Loggerは、Cloudに自動で接続し、すぐにデータの取得を開始できる。センサは選択式となっており、必要なセンサを3つまで選択して搭載可能となっている。電池稼働のため柔軟に設置場所を設定できる。

 Gateは、受信したデータはMQTTプロトコルへ変換してCloudへ転送する。エッジサイドでデータのクレンジングや整形ができる。Cloudの認証システムと自動で接続し、つなぐだけで利用可能となっている。

 Cloudは、大量のセッションを処理するデータ取得とIoTネットワーク管理、データクレンジングを実行する。デバイス、ゲートウェイの認証と稼働機器の監視機能を備える。ルールエンジンを用いてクラウドシステムとの連携も可能だ。

 DMPは、センサだけでなく、さまざまなシステムからのデータを連携し、可視化や分析、機器の制御を可能にする。

 LPWAは、920MHz帯を活用し、中長距離通信に対応した無線サービス。モジュールからゲートウェイ機器の調達、IoTネットワーク構築、受信サーバの提供までを支援する。

Konektiのまとめ
用途と機能センサの実装からデータ管理基盤までをまとめて利用できるIoTプラットフォーム
特徴データ送信機、ゲートウェイ機器、データ処理基盤、データ管理基盤、通信サービスで構成される。センサだけでなく、さまざまなシステムからのデータを連携し、可視化や分析、機器の制御が可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?
  3. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  4. 【成功事例】保存データ最大99%削の快挙、バックアップ5分!大量のPCを運用自動化、負担大幅減
  5. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]