アクセス解析

今何が起きているのかを知る「リアルタイムレポート」--Google Analyticsの基礎(3)

「リアルタイムレポート」を使いこなすことで、その瞬間のサイトの動向を確認できます。ページへのリアルタイムな反応を把握できるので、効果を確認しながらアクションにつなげることができる。

 「第2回:『直帰率』と『離脱率』の違いが分かりますか?」までは、「Google Analytics」を使いこなすために欠かせない、アクセス解析に関わる基礎用語を紹介しました。今回からは、使い方の基本を説明していきます。

“その瞬間”の訪問者情報を知るには

 現在のサイトの閲覧状況は「リアルタイムレポート」で確認できます。リアルタイムレポートには「概要」「地域」「トラフィック」「行動」「イベント」「コンバージョン」の6つのレポート項目が設定されています。「イベント」については次回以降で取り上げるとして、それ以外の5つのレポート項目を詳しく見ていきます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1608文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan