ECサイト Eストアー

ショップサーブ:買われるための機能を組み込んだECサイト構築システム

ECサイト構築システムの「ショップサーブ」は、CMSや決済、メールマガジン配信などの機能を搭載する。SSL暗号化や不正注文を検知する仕組みも搭載し、制作や集客のオプションも提供する。

ショップサーブのポイント

  • CMSや決済、メールマガジン配信などの必要な機能を搭載
  • クレジットカードや後払い、オンラインなどの幅広い決済方法に対応
  • 受注や顧客、商品、入金、発送までを台帳で一元管理

ショップサーブの製品解説

 Eストアーの「ショップサーブ」は、「買われるため」という機能を組み込んだECサイト構築システム。売れるネットショップに必要な機能、回遊や購入フローを考慮したコンテンツ管理システム(CMS)など、蓄積したデータに基づく買われるための観点から設計されているという。

編集部おすすめの関連記事

 テンプレートからショップページを作成でき、HTMLやCSSのカスタマイズも可能。クレジットカードや後払い、オンラインなどの幅広い決済方法に対応し、受注や顧客、商品、入金、発送までを台帳で一元管理できる。

 メールマガジンやソーシャルメディアとの連携、Google AnalyticsとGoogle Search Consoleとの連携にも対応する。会員機能やポイント機能のほか、商品レビューやまとめ割りなど、売り上げを向上するための施策も用意している。

 売り上げやアクセスのレポート出力、アクセス解析ツールの導入も可能。類似サイトと比較した改善点や購入者視点でのアドバイスを受け取れる。個人情報を安全に取り扱うためのSSL暗号化や不正注文を検知する仕組みも搭載し、制作や集客のオプションも提供する。

ショップサーブのまとめ
用途と機能CMSや決済、メールマガジン配信などの必要な機能を組み込んだECサイト構築システム
特徴テンプレートからショップページを作成でき、HTMLやCSSのカスタマイズも可能。クレジットカードや後払い、オンラインなどの幅広い決済方法に対応する。受注や顧客、商品、入金、発送までを台帳で一元管理する
税別価格初回費用が1万円から、月額費用が8900円から
導入企業リアルキューブ、ライジングタイム、アクシス、スーパーメイト、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan