帳票管理 OCR 日立超LSIシステムズ

帳票マスタ:普通紙帳票にも対応するOCRソフト--入力処理全般を支援

OCRソフトの「帳票マスタ」は、さまざまなタイプの帳票入力に対応し、利用者のニーズに応じた本格的な帳票入力システムを構築できる。

帳票マスタのポイント

  • 普通紙帳票にも対応、手書きと活字の混在した帳票も認識可能
  • けい線と文字を分離抽出し、繰り返し作業を自動化
  • テンプレートに属性を設定してシステム構築

帳票マスタの製品解説

 日立超LSIシステムズの「帳票マスタ」は、文字認識だけではなく入力処理全般を支援する光学文字読み取り(OCR)ソフトウェア。利用者のニーズに応じた本格的な帳票入力システムを構築できるとしている。

編集部おすすめの関連記事

 テンプレートを母体に属性の設定のみでOCRシステムを構築でき、短時間で帳票のデータ化が可能。ファイリング機能も標準で備え、帳票の画像データを格納、検索、表示できる。設定も属性指定のみとなっている。

 OCR帳票だけでなく普通紙帳票も利用できる汎用性を備え、OCR専用用紙やワープロ作成の手作り帳票を問わず文字認識が可能。異なる形式の帳票データも任意のデータベース形式に加工でき、手書きと活字が混在した帳票でも認識できる。

 けい線画像と文字画像を分離抽出でき、繰り返し作業をプログラムで自動化できる。けい線の重なりで分断された文字もけい線除去と文字補正で認識し、運用にあわせて編集画面をカスタマイズできる。校正確認では四則演算、文字形式などの論理チェックができる。イメージとテキストの対比表示も可能となっている。

 認識結果を各クライアントで校正でき、さらに混在した帳票でも連続認識できる識別機能を搭載。バーコード認識オプションなどのソフトも提供する。

帳票マスタのまとめ
用途と機能文字認識だけではなく入力処理全般を支援するOCRソフトウェア
特徴さまざまなタイプの帳票入力に対応し、帳票の画像データを格納、検索、表示できる。けい線の重なりで分断された文字もけい線除去と文字補正で認識できる。
税別価格スタンドアロン版が58万円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan