BI

MS「Power BI」を使ってみよう(3)--「OneDrive」の利用でダッシュボードを最新に

マイクロソフトの「Power BI」では、「OneDrive」に保存されているファイルに接続して、常に最新のデータを利用したレポートやダッシュボードを作成できる。今回は、その手順を見てみる。

 クラウドベースの環境で作業する大きなメリットの1つは、いつでも、どんなデバイスやアプリケーションからでも、データにアクセスできる点だ。クラウドに保存されたデータに接続すれば、アクセス時にデータを常に最新の状態にでき、インターネットに接続しているかぎり、常に最新の情報も得られる。

 Microsoftの「Power BI」では、「OneDrive」に保存されているファイルに接続して、常に最新のデータを利用したレポートやダッシュボードを作成できる。自分やチームがOneDriveのファイルを更新すると、そのクラウドストレージにアクセスする全員に変更が広まる。OneDriveでの変更をPower BIのようなアプリに通知して、時間を節約したり、全体的な生産性を向上させたりすることもできる。

 Power BIを使ってOneDriveのデータに接続するのは、その他のファイルに接続するのと似ているが、留意すべき手順がいくつかある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1212文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan