BI

MS「Power BI」を使ってみよう(3)--「OneDrive」の利用でダッシュボードを最新に

マイクロソフトの「Power BI」では、「OneDrive」に保存されているファイルに接続して、常に最新のデータを利用したレポートやダッシュボードを作成できる。今回は、その手順を見てみる。

 クラウドベースの環境で作業する大きなメリットの1つは、いつでも、どんなデバイスやアプリケーションからでも、データにアクセスできる点だ。クラウドに保存されたデータに接続すれば、アクセス時にデータを常に最新の状態にでき、インターネットに接続しているかぎり、常に最新の情報も得られる。

 Microsoftの「Power BI」では、「OneDrive」に保存されているファイルに接続して、常に最新のデータを利用したレポートやダッシュボードを作成できる。自分やチームがOneDriveのファイルを更新すると、そのクラウドストレージにアクセスする全員に変更が広まる。OneDriveでの変更をPower BIのようなアプリに通知して、時間を節約したり、全体的な生産性を向上させたりすることもできる。

 Power BIを使ってOneDriveのデータに接続するのは、その他のファイルに接続するのと似ているが、留意すべき手順がいくつかある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1212文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan