BI

MS「Power BI」を使ってみよう(2)--初めてのダッシュボード作成

マイクロソフトのデータ視覚化ツール「Power BI」。同ツールの使い方を紹介する連載の第2回目である今回は、ダッシュボードを作成する。

 データ視覚化は、生データを大幅に単純化して強化し、意思決定者の参考になる実用的な情報の塊に変えることができる。「Windows 10」「Office 365」「Azure」からなるMicrosoftのエコシステムで、デフォルトのデータ視覚化ツールは「Power BI」だ。Power BIは、ウェブサービス版が無料で使えるほか、Office 365の企業向けプランの1つ「Office 365 ProPlus」でも利用できる。

 マウスを数回クリックするか、指でタップすれば、Power BIによって生データが、情報を視覚的に伝えるダッシュボードに変わる。詰め込みすぎの企業データというノイズで覆い隠されていた情報が、このダッシュボードによって明らかになる。このチュートリアルでは、Power BIを使い、シンプルなExcelブックで作ったデータを収集し、そのデータを視覚化する方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1496文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan