OCR エーディーディー

ABBYY FineReader:PDF編集や文書比較も可能なOCRソフト--192の言語に対応

OCRソフトの「ABBYY FineReader」は、紙文書や画像から文字を読み取り、文字検索に対応したファイル形式に変換できる。PDF編集機能を搭載し、OCR処理の自動化や35言語の文書比較も可能だ。

ABBYY FineReaderのポイント

  • 紙文書や画像から文字を読み取り、さまざまなファイル形式に変換
  • 文字検索に対応したファイル形式に変換でき、PDF編集機能を搭載
  • 上位版はOCR処理を自動化、35言語の文書比較に対応

ABBYY FineReaderの製品解説

 「ABBYY FineReader」は、紙文書や画像から文字を読み取り、さまざまなファイル形式に変換できる光学文字読み取り(OCR)ソフトウェア。複数の言語が混在する文書でも読み取りができる。

編集部おすすめの関連記事

 スキャンした紙文書、PDF、画像ファイルなどから文字を読み取り、文字検索に対応したPDF、Word、Excel、CSV、テキストなどさまざまなファイル形式に変換できる。192種類の言語に対応し、テキスト編集、画像の配置変更、ページ整列、ブックマーク、メタデータ編集、機密情報の削除、パスワード保護、署名、コメント、描画、フォーム記入といったPDF編集機能を搭載。WordやExcelなどの編集可能なドキュメントファイルをPDFに変換できる。

 上位版では、指定したフォルダを監視し、フォルダ内のファイルのOCR処理と変換処理をスケジュールで自動実行できる。英語、ロシア語、ドイツ語など、35言語での文書比較が可能。2つの文書を比較することで、テキストの違いを検出し、変更箇所の差異を表示する。

ABBYY FineReaderのまとめ
用途と機能紙文書や画像から文字を読み取り、さまざまなファイル形式に変換できるOCRソフトウェア
特徴複数の言語が混在する文書でも読み取りを可能とし、PDFの編集機能を搭載。上位版はOCR処理の自動化も可能で、35言語の文書比較にも対応する
税別価格スタンダードエディショの ダウンロード版が2万円

「OCR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]