文書管理

DOCUMENT MARK:帳票などをPDFで活用する文書管理システム--e文書法にも対応

文書管理システムの「DOCUMENT MARK」は、紙媒体をPDFに変換し、情報資産として活用する。保管場所を節約し、分類や振り分け、廃棄を自動化する。タイムスタンプなどを付与してe文書法に適応した形式で保管できる。

DOCUMENT MARKのポイント

  • 帳票や文書などをPDFに変換し、情報資産として活用
  • 保管場所を節約し、ファイルの分類や振り分け、廃棄を自動化
  • タイムスタンプや電子証明を付与し、e文書法に適応した形式で保管

DOCUMENT MARKの製品解説

 クラウドテクノロジーズの「DOCUMENT MARK」は、帳票や文書などをPDFに変換し、情報資産として活用するための文書管理システム。ペーパーレス化による、業務の効率化、コスト削減、リスク管理の強化を実現する。

編集部おすすめの関連記事

 紙書類を電子化することで、保管場所を節約し、ファイルの分類や振り分け、廃棄も自動化される。必要な時に必要なデータを素早く呼び出せる検索機能、各種データをひも付けできるリンク機能、手書きデータや画像データをテキスト化できる光学文字読み取り(OCR)機能を備え、業務の効率化に役立てられる。

 スキャナ保存制度の対象である取引先からの請求書や領収書を格納し、タイムスタンプや電子証明を付与してe文書法に適応した形式で保管できる。ファイルごとにアクセスや利用の制限、ログ取得などのセキュリティ設定が可能となっている。

DOCUMENT MARKのまとめ
用途と機能帳票や文書などをPDFに変換して情報資産として活用
特徴保管場所の節約やファイル管理の自動化、高度な検索機能、データをひも付けるリンク機能、OCR機能も備える。e文書法に適応した形式で保管できる

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]