運用管理 資産管理 バックアップ

システムではなくITサービスをライフサイクルで管理する「ITSM」が再注目される理由

システムに障害が発生すると、ビジネス機会の損失や損害賠償などで大きな被害を受ける可能性があります。そのため、システムの安定稼働や迅速な障害復旧は重要な経営目標になっています。

 ビジネスにおける情報システムの重要性は増し続けており、システムに障害が発生すると、業務が停滞するだけでなく、ビジネス機会の損失や損害賠償などで大きな被害を受ける可能性があります。そのため、システムの安定稼働や障害が発生した場合の迅速な復旧は、全ての企業にとって重要な経営目標になっています。

 その一方で、システムの大規模化や複雑化が進むことにより、障害の発生原因が多様になり、障害が発生したときの原因特定や復旧処置はどんどん難しくなっています。従来のように、場当たり的な対応や、個別のマニュアルや手順書に沿って対応するやり方では限界があり、体系立てた効率の良い運用管理が求められています。

 そこで注目されているのが、システムの機能をビジネスを支えるサービスとして捉えて管理する「ITサービス管理(IT Service Management:ITSM)」です。利用者に品質の高いサービスを効率良く提供するためのフレームワークや、プロセスを継続的に回してサービスを改善していくライフサイクル管理を実現します。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1279文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan