SFA システムズナカシマ

NICE営業物語 on kintone:システム担当者が不在でも導入可能なSFA

営業支援システムの「NICE営業物語 on kintone」は、キーパーソンや案件情報、訪問履歴を一元管理する。システム担当者が不在で導入や運用に手間や費用を掛けられない状況でも利用できる。

NICE営業物語 on kintoneのポイント

  • 営業活動をグループで共有して商談の進捗や売り上げの見込みを管理
  • 顧客の基本情報をもとに、キーパーソンや案件情報、訪問履歴を一元管理
  • システム担当者が不在で導入や運用に余裕がない状況でも利用可能

NICE営業物語 on kintoneの製品解説

 システムズナカシマの「NICE営業物語 on kintone」は、営業活動をグループで共有して商談の進捗や、売り上げや利益の見込みを管理する営業支援システム(SFA)の「NICE営業物語」をPaaS「kintone」で稼働させている。そのため、システム担当者がいない、導入や運用に時間と労力を掛けられないといった状況でも利用可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 顧客の基本情報をもとに、キーパーソンや案件情報、訪問履歴を一元管理。キーパーソンの名前や役職などの基本情報のほか、名刺のイメージ管理も可能で、担当者の予定などをグループで共有することができる。移動時間や空き時間に営業報告をしたり、関係者に報告を通知したりすることも可能だ。

 ルート営業などで複数社を訪問した際も、入力の手間を省ける選択形式での一括報告に対応。案件の進捗状況を分類し、停滞している案件に対して営業担当に指示を出すといった活動状況の管理も可能だ。ポータル画面では担当者ごとの売り上げや月別の受注見込みなどを単一画面で表示できる。入力情報をもとにした見積り作成や問い合わせ情報の自動登録といったオプション機能も用意している。

NICE営業物語 on kintoneのまとめ
用途と機能kintoneをベースとしたSFA
特徴顧客の基本情報をもとに各種情報を一元管理でき、チームのスケジュールや活動状況を共有できる。入力情報をもとにした見積り作成や問い合わせ情報の自動登録といったオプション機能も用意
税別価格初期費用が10万円、月額費用がスタンダードコースで1人あたり1500円(最低利用は5人)、テンプレート費用が50万円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan