オフィスソフト

アイデアを手中に--メモアプリ「Google Keep」小技10選、Docsとも連携

メモアプリ「Google Keep」の小技10選と「Docs」との連携、トピックの自動作成機能をまとめて紹介する。

 「Google Keep」はGoogleが提供するメモアプリで、競合製品としては「Evernote」がある。2013年3月にリリースされたKeepは、思いついたアイデアをメモできるだけでなく、リストやリマインダの作成などの機能を持っている。

 Keepは、ブラウザに加えてAndroidやiOSのモバイルアプリから利用でき、メモなどのアイテムは、使用しているデバイス間で同期される。そのため、社内で作成したアイテムを外出時にいつでも閲覧できることがメリットだ。

 ここでは、Keepの便利な小技10選や「Google Docs」との連携、さらに、トピックの自動作成機能を紹介する3記事をPDFにまとめた。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan