モバイル

「Google Chrome」のタブや履歴を複数端末で同期

「Google Chrome」のタブや履歴を複数端末の間で同期しておけば、オフィスのデスクでアクセスしたURLに外出先でアクセスするような場合に便利だ。ここでは、その設定方法を紹介する。

 あなたは、デスクでアクセスしたURLを、外出先ですぐに思い出さなければならなくなった経験を何度したことがあるだろうか。あるいは、「Android」の「Chrome」タブで開いたサイトに後でアクセスする必要が生じたが、スマートフォンが近くにないという経験はどうだろうか。これらは実際に起こることである。そのようなとき、あなたはリンクのURLを思い出すまで頭をオフィスの壁に打ち付けなくても、そのサイトを想起できる方法を知りたいと願うはずだ。

 頭を壁に打ち付ける必要はない。Chromeのいくつかの設定オプションを利用するだけで、苦痛を感じずにサイトを思い出せる方法があるからだ。本記事では、Chromeでそれを実行する方法を紹介する。筆者が使用するのは、デスクトップ(「elementary OS」を使用)版Chrome(と「OnePlus 3」にインストールされたAndroid版Chrome)だ。

 警告:この機能は、全て有効か全て無効かのいずれかしか選択できない。ひとたび同期を有効にしたら、特定のURLを同期の対象外にしたり、今開いている、または最近閉じた特定のタブだけを表示したりするようChromeに指示することは不可能だ。この機能を有効にすると、履歴が両方の端末に表示され、最近閉じた全てのタブが両方の端末に表示されるようになる。同期プロセスには、一定の時間がかかることにも注意が必要だ。もちろん、その時間は端末間で同期するデータの量(履歴、ブックマークなど)によって異なる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1643文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan