運用管理 資産管理 バックアップ

システムは問題なく動いて当たり前?--陰で支える運用管理の役割とは

「システムは問題なく動いて当たり前」と思われがちだが、日々の点検や監視、保守が欠かせません。情報システム部門で新人のA山さんが、同じ部署のB川先輩に運用管理の基本を教えてもらっています。

 「IT部門に配属されたら押さえておきたい基礎知識」を紹介するシリーズ。今回は、情報システム部門で新人のA山さんが、B川先輩にシステム運用管理の流れについて教えてもらっています。2人の話に耳を傾けてみましょう。

  • A山さん:情報システム部門に配属になった入社2年目の新人社員
  • B川先輩:情報システム部門の先輩社員

予期しない性能低下や機能停止を防ぐ

A山さん:情報システム部門には開発業務のほかに運用業務もあると聞きました。どんな業務で何で必要なんですか?

B川先輩:システムが正常に動作し、業務を滞りなく進められるようにする役割を担っているんだよ。「システムは問題なく動いて当たり前」と思われているかもしれないけど、サーバやストレージ、ネットワーク機器などシステムの構成要素が増えて複雑になると、当然ながら、トラブルが発生するリスクもそれだけ高くなるよね。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1755文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]