VPN NTT東日本

フレッツ・VPN ワイド:光やADSL、ISDNで拠点間を接続するVPNサービス

VPNサービスの「フレッツ 光ネクスト」は、光やADSL、ISDNで複数拠点を接続する。閉域網内での拠点接続とユーザー認証で通信の安全性を確保する。NTT西日本エリアとの接続も可能だ。

フレッツ・VPN ワイドのポイント

  • 光やADSL、ISDNを利用して複数拠点を安全に接続
  • 閉域網での拠点接続とユーザー認証で通信の安全性を確保
  • 帯域保証型サービスとの組み合わせ、NTT西日本エリアとの接続も可能

フレッツ・VPN ワイドの製品解説

 NTT東日本の「フレッツ・VPN ワイド」は、光やADSL、ISDNといった回線で複数の拠点を接続する仮想私設網(VPN)サービスだ。閉域のIP網内で特定の拠点のみと接続し、ユーザー認証を行うことで通信の安全性を確保する。

編集部おすすめの関連記事

 機密情報や個人情報などを社内の遠隔拠点や取引先と安全に共有できるようになる。複数の拠点から業務アプリケーションが円滑に利用可能になる。

 オプションサービスも充実している。同社回線の提供エリア内でネットワークやサーバなどをイーサネット回線に接続することで、センターエンド型ネットワークを構築する「センタ回線接続サービス」。帯域保証型サービスとの組み合わせも可能だ。

 NTT東西エリアのVPN間を接続することで、全国にまたがる拠点との通信を可能にする「東西接続サービス」、トラブル時に24時間365日の受付サポートや回復状況通知、レポート報告を提供する「サポートオプション」がある。

 初期工事費は2000円、最小単位での利用料金は月額1800円となっている。利用には同社のフレッツ回線の契約が別途必要。

フレッツ・VPN ワイドのまとめ
用途と機能光やADSL、ISDNといった回線で複数の拠点を接続するVPNサービス
特徴閉域のIPネットワーク内で特定の拠点のみと接続し、ユーザー認証を行うことで通信の安全性を確保。機密情報や個人情報などの共有、業務アプリケーションのリモートアクセスなどが可能になる
税別価格初期工事費が2000円、利用料金が拠点数10カ所で月額1800円

「VPN」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]