VPN NTT東日本

フレッツ・VPN ワイド:光やADSL、ISDNで拠点間を接続するVPNサービス

VPNサービスの「フレッツ 光ネクスト」は、光やADSL、ISDNで複数拠点を接続する。閉域網内での拠点接続とユーザー認証で通信の安全性を確保する。NTT西日本エリアとの接続も可能だ。

フレッツ・VPN ワイドのポイント

  • 光やADSL、ISDNを利用して複数拠点を安全に接続
  • 閉域網での拠点接続とユーザー認証で通信の安全性を確保
  • 帯域保証型サービスとの組み合わせ、NTT西日本エリアとの接続も可能

フレッツ・VPN ワイドの製品解説

 NTT東日本の「フレッツ・VPN ワイド」は、光やADSL、ISDNといった回線で複数の拠点を接続する仮想私設網(VPN)サービスだ。閉域のIP網内で特定の拠点のみと接続し、ユーザー認証を行うことで通信の安全性を確保する。

編集部おすすめの関連記事

 機密情報や個人情報などを社内の遠隔拠点や取引先と安全に共有できるようになる。複数の拠点から業務アプリケーションが円滑に利用可能になる。

 オプションサービスも充実している。同社回線の提供エリア内でネットワークやサーバなどをイーサネット回線に接続することで、センターエンド型ネットワークを構築する「センタ回線接続サービス」。帯域保証型サービスとの組み合わせも可能だ。

 NTT東西エリアのVPN間を接続することで、全国にまたがる拠点との通信を可能にする「東西接続サービス」、トラブル時に24時間365日の受付サポートや回復状況通知、レポート報告を提供する「サポートオプション」がある。

 初期工事費は2000円、最小単位での利用料金は月額1800円となっている。利用には同社のフレッツ回線の契約が別途必要。

フレッツ・VPN ワイドのまとめ
用途と機能光やADSL、ISDNといった回線で複数の拠点を接続するVPNサービス
特徴閉域のIPネットワーク内で特定の拠点のみと接続し、ユーザー認証を行うことで通信の安全性を確保。機密情報や個人情報などの共有、業務アプリケーションのリモートアクセスなどが可能になる
税別価格初期工事費が2000円、利用料金が拠点数10カ所で月額1800円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan