ビッグデータ解析 AI・機械学習

未来の農業の姿とは--ビッグデータ活用で業界を変えるForis.ioの試み

Foris.ioのミッションは、農業の生産性を高めると同時に環境保護も実現することだ。ハードウェアとIBMの機械学習を組み合わせることで、Foris.ioがこの業界を変革させようとしている。

 米国における土地活用において農業の占める割合は大きく、約50%といったところだ。巨大な土地で多くの資源が使われているため、適切に管理されなければその資源利用の背後で多くの無駄が生まれることになる。

 こうした環境上ひどい状況が発生する可能性を阻止すべく設立されたのがForis.ioだ。Foris.io創業者兼プレジデントのVictoria Vegis氏が行動を起こしたのは、カリフォルニア州の干ばつがきっかけだった。あまりにも多くの資源が使われているにもかかわらず十分に補充されていない状況を見て、何とかしなくてはと考えたのだ。

 Vegis氏は農業の中でも、ある特定の分野に注目した。その分野とは土壌保護である。「われわれは世界中で土壌の問題に取り組んでいる。この問題が解決されなければ、人類を養う機能が大幅に低下してしまうだろう」とVegis氏。Foris.ioの目標は明確で、土壌のデータを収集する手法を開発し、最小限の水や肥料で土壌を最大限活用することだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1308文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]