アシスト

プロアクティブ、基幹系と分析基盤をデータベース専用機に統合

データ連携処理が遅延化し、朝の始業までに終わらず業務に支障をきたすという問題が顕在化していた。

 ザ・プロアクティブカンパニーは、基幹系システムとデータウェアハウス(DWH)をデータベース(DB)専用機「Oracle Database Appliance」に統合し、稼働を開始した。4月27日にアシストが発表した。

 ニキビケア商品「プロアクティブ」を提供するザ・プロアクティブカンパニーは従来、基幹系システムに「Oracle Database 10g」を利用し、経営分析やメディア媒体効果分析などには、DWH専用DBを使用していた。

 別々に構築されていた基幹系システムとDWH間でのデータ連携処理が遅延化し、朝の始業までに終わらず業務に支障をきたすという問題が顕在化していた。

残り本文:約592文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan