セキュリティ

セキュリティ関連のアドバイスを受ける際には--考慮すべき4つのポイント

オンラインプライバシーやサイバーセキュリティに関するアドバイスを誰から受けるかという点と、アドバイスを受けた人がインターネット関連のセキュリティ事故を体験する数には関連性があることがわかった。

 ネット上のアドバイスというものは自由に流れ伝わっていく。膨大な情報量の中、どの情報を信じるべきか見極める方法はあるのだろうか。

 例えば、現在は廃止されている米連邦通信委員会(FCC)の規制で、ISPが顧客のウェブ閲覧データを収集する際には許可を得る必要があるというものがあるが、これについても未だ激しく情報が混乱している。インターネット上で安全やプライバシーに関するアドバイスを受ける際、一体誰を信用すればいいのだろうか。

適切なセキュリティアドバイスが重要

 メリーランド大学コンピュータサイエンス学部にて博士課程に取り組む学生Elissa Redmiles氏は、オンラインメディアのThe Conversationに「Can better advice keep you safer online?」(より良いアドバイスを受けることでオンライン上の安全性は高まるか)と題した記事を寄稿した。この記事内にて同氏は、サイバーセキュリティのアドバイスで誰を信用すべきか深く解説している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2398文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]