AI・機械学習

「Amazon Lex」でチャットボットを作ってみた--AWSの自然言語処理サービスを体験

自然言語処理サービス「Amazon Lex」の一般提供が開始された。Lex用に公開されているチュートリアルを参照して「Facebook Messenger」用チャットボットを作ってみた。

 Amazon Web Services(AWS)は4月20日、「Amazon Lex」の一般提供を開始した。Lexは同社が提供する自然言語処理のためのサービスで、2016年11月に発表されたが、その後は一部の開発者向けにプレビュー提供されていた。

 Lexが提供する技術は、バーチャルアシスタント「Amazon Alexa」で採用されており、そのAlexaは「Amazon Echo」スピーカーや「Fire TV」デジタルメディアプレーヤーに使われている。

 カスタマーサポートやトランザクションを自動化したい企業は、自社のカスタムチャットボットのコンポーネントとしてLexを利用できるのだが、そのためにはどうすればよいのだろうか。

 そこで、Lexを使ったチャットボット作成の概要を知るため、AWSが公開しているチュートリアルの手順を実際に追ってみた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5485文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]