セキュリティ

個人情報盗難やハッキング被害に遭いやすい人とは--調査で判明した意外な結果

米国のオンライントレーニングを手がける企業が実施した調査で、個人情報の盗難やハッキングの被害に遭う可能性が高いユーザーの属性が明らかになった。

 個人情報の盗難は、自分には関係のない問題だと考えている人もいるのではないだろうか。自分はテクノロジに精通しているので、フィッシング攻撃の被害に遭ったり、パスワードを悪人に知られたりすることは決してない。自分のオンラインIDは安全だと自信を持っている。だが、そうした自信がデジタルの世界での破滅を招くのかもしれない。

 これは、常識とは反することのように思えるかもしれないが、CBT Nuggetsの米国人を対象とした調査結果によると、「テクノロジに詳しい」と自称する人々の方が、個人情報盗難の被害に遭う可能性が実に18%高いという。それだけでなく、高学歴の人々がハッキング被害に遭う可能性も、上級学位を持たない人々と変わらないようである。つまり、学校教育がサイバーセキュリティの重要性に影響を与えることはほとんどない、ということだ。

 この調査では、個人情報の盗難とハッキングの被害者について、驚くべき統計データがいくつか明らかになったが、残念ながら予想通りの統計データも1つあった。それは、オンラインセキュリティの要件について全く関心のない人や、面倒くさいと思っている人、そのせいで不便な思いをしたくない、と考えている人が大勢いることだ。

オンラインハッキングの平均的な被害者

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2217文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan