開発ツール

挫折しないために知っておきたいアジャイル開発の勘所

ウォーターフォール型のシステム開発に慣れた企業にとって、アジャイル型の採用は大きなチャレンジとなります。作業を進めていく上で直面する課題とその対策を解説します。

 ITを活用して自社のビジネス競争力を高めたいと考える企業や経営者にとって、優先順位の高いものから素早く作ってシステムを稼働させられる“アジャイル型”の開発手法を、すぐにでも取り入れたくなるかもしれません。

 しかし、従来のウォーターフォール型に慣れた企業がアジャイル型を導入しようとするとさまざまな課題に直面します。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1622文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan