人材管理

年上の部下を持ったなら--年配の従業員と良い関係を築くためのヒント

年配の従業員を年下のマネージャーが扱うにあたって、違和感を覚える必要はない。うまく関係を保ち、お互いのためになる方法を紹介しよう。

 彼は70歳。今でも登山に出かける人物だ。このほど経営していたソフトウェア会社を大企業に売却し、今ではそこの一般社員だ。こうして彼は、50代から60代前半のITプロフェッショナルと共にメインフレームソフトウェアやシステムチューニングを担当している。

 このようなことは、大企業で特にめずらしいことではない。年配の人材はプロプライエタリな技術のスキルを持ち、細かなシステムチューニングに関しては若者よりコンピュータの「内部で何が起こっているのか」をよく理解しているためだ。

 年配の人材の多くは、自分で会社を経営したり上級IT管理者の役職についたりしていたものの、もうその役目からは退きたいと考えている。そのため自分よりも若いマネージャーの下で働くことになり、お互いに違和感を覚えることもある。

 ここで状況は、次のような行き詰まりを見せる。

 皆さんの部下となる年配スタッフは、皆さんよりITの知識に長けていることが多い。そのため、皆さんは、上司でありながら管理権限をふりかざすことに違和感を覚えるかもしれない。

 もし自分がこうした年配スタッフを管理する上司となった場合、どうすれば良いのだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1647文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]